インプラント矯正

インプラント矯正

この様な方に

矯正治療を検討しているけれど、なるべく歯は抜きたくない
できるだけ早く治療を終わらせたい

このような場合、症例にもよりますが、当院では矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療をご提案させていただいております。

効率よく、キレイな仕上がりに。
インプラント矯正とは

インプラント矯正(矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療)とは、一時的に顎の骨に矯正用インプラント(小さなネジのようなもの)を埋め込むことで歯を動かす力の固定源とし、効率的に歯を動かしていく方法です。

従来、矯正治療は歯と歯に装置を付けてお互いに引っ張り合いをさせることで歯を動かしていましたが、この方法の場合、氷の上で人がお互いに綱を引っ張り合っているのと同じ原理ですので、一方の歯のみを動かしたくても、もう一方の歯も力の反作用で動いてしまうという欠点がありました。

この反作用の力が歯を予測不能に動かせてしまうことで治療の難易度を上げ、期間を長引かせてしまう原因にもなっていたのです。

しかし、インプラント矯正(矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療)による治療法では、顎の骨にインプラント(矯正用アンカースクリュー)を埋め込むことで固定源を作り、反作用の力を排除することができるようになりました。

これにより、歯の動きを予知性の高いものとし、治療もより効率的に、より正確に行うことができるようになったのです。

埋入手術が怖い・・という方へ

骨にネジを埋め込む、というと、なんだか痛そう・・怖い・・と感じる方も多くいらっしゃるでしょう。

ですが、インプラント手術にかかる時間は約20分程度で終わる簡単な手術。もちろんしっかりと麻酔をしますので、ほとんどのケースでは痛みが生じることもありません。
*例外として口蓋部(上顎にあたる部分)にインプラントを埋入する場合は一時的に痛みが生じる場合もあります。

さらに当院では、より安全で確実な手術のために、埋入手術は大学病院の口腔外科から先生をお呼びしています。

手術前には必ずCT撮影をし、約30~45分かけて治療についてご説明をしっかりとさせて頂いておりますので、手術への不安や疑問がございましたら何でもご質問ください。

インプラント矯正の
メリット・デメリット

メリット
  • 従来の治療法では抜歯が必要とされるケースであっても、抜かないで治療できる場合がある。
  • 従来の治療法では外科手術が必要とされたケースであっても、外科手術なしで対応できる。
  • 効率よく歯を動かすことができるため、治療期間が短くなる。
  • 従来まで使用されていた大掛かりな装置や違和感の強い装置が不要になる事が多い。
デメリット
  • 追加でオプション費用が掛かる。
  • 骨の状況によっては、インプラントが定着しない患者さまもいる。脱離してしまうケースがある。