表側矯正

表側矯正

この様な方に

費用を抑えて矯正治療がしたい
口腔内の異物感(違和感)をできるだけ少なくしたい

表側矯正は、最もスタンダードで、治療実績が豊富な治療方法です。ブラケットとよばれる矯正装置を歯の表面に取り付けワイヤーを通し、ワイヤーを引っ張る力で歯を移動させます。唇側矯正ともよばれています。費用は裏側矯正の場合よりもリーズナブルで、幅広いケースに適用できます。

当院では、矯正治療費をなるべく抑えた、リーズナブルな価格設定にしております。
*保定装置は初回作製無料。

表側矯正のメリット・デメリット

メリット
  • 多くの症例に適用できる。
  • 歴史が最も長く、一般的な矯正装置と治療法です。
  • 異物感(違和感)が少ない。
  • 裏側矯正治療に比べて、治療期間が短い傾向がある。
デメリット
  • 矯正装置が目立つため、矯正している事が人目につきやすい。
    *当院では歯の色に近い透明感のあるブラケット(表側)装置が標準仕様です。
  • 装置を表側つけるため、口元に厚み出てで、唇が前に出ているように感じる事がある。

治療の流れ

STEP1 初診相談
歯やお口の状態を確認し、カウンセリングをさせていただきます。
初診相談2,200円

矢印

STEP2 精密検査
治療をする上で必要なレントゲンや歯型をとらせていただきます。
それをもとにコンピュータで分析をおこないます。
検査費用27,500円

矢印

STEP3 診断(治療内容の決定・ご説明)
分析したデータをもとに、詳しい治療方法や治療期間の目安、費用などを患者さんご本人、保護者の方に説明し、合意の上で治療が始まります。
診断料5,500円

矢印

STEP4 治療開始
治療プランに沿って矯正装置を装着し、歯を動かし始めます。処置料5,500円/通院毎
表側矯正は583,000円(税抜価格530,000円)~
*基本施術料は選ばれた装置により料金が異なります。分割払い可。
*小児矯正は処置料が3,300円。リンガル・ハーフリンガルは処置料7,700円です。
料金はこちらをClick
治療オプションはこちらをClick

矢印

STEP5 リテーナーの装着
矯正終了後、あと戻りを防ぐために、歯を現在ある場所にとどめておく装置(消耗品)です。保定装置は初回作製無料。(小児矯正を除く)
*処置料は別途かかります。
治療後は定期検診での口腔内チェックを受けましょう。