裏側矯正

裏側矯正

この様な方に

矯正治療をやりたいけれど、装置が見えるのは絶対にイヤ…!
裏側からの矯正治療を行いたいけれど、費用が高くて治療に踏み切れない…

当院では、矯正治療費をなるべく抑えた、リーズナブルな価格設定にしております。
*保定装置は初回作製無料。

また、裏側矯正は、表側の矯正に比べて非常に高度な技術を要する治療。矯正専門の先生の中でも裏側矯正は取り扱っていないことも多いようです。当院は実績豊富ですので、価格だけではなく、技術の面においても安心してご相談いただけます。
裏側矯正をご検討されている方は、まずは是非、当院までご相談にいらしてください。

裏側矯正のメリット・デメリット

メリット

他人に気づかれずに
矯正をすることも可能

裏側から矯正器具を取り付けるため、他人からは矯正器具がまったく見えません。
お食事の時も、裏側矯正の場合は装置が見えないため、着色や食べ物が挟まることを気にせずに好きなものを食べることができます。

表側矯正に比べて、比較的虫歯になりにくい

矯正器具を歯に取り付けると、その器具周辺の部分が磨きにくくなることで、虫歯になるリスクもどうしても増えてしまいます。
裏側に装置を付ける場合、ブラッシングすることが難しく一見虫歯になりやすそうに感じますが、実は歯の裏側は常に唾液で満たされている状態のため、虫歯になりにくい環境が整っていると考えられています。
とはいえ、歯磨きをおろそかにしても良いという事ではありません。装置を付けていな時に比べて虫歯になりやすくなっていることは事実ですので、治療中は特にしっかりとメンテナンスを受けるようにしましょう。

歯の表面(エナメル質)への
ダメージが少ない

歯に装置を付けて治療を行うブラケット矯正の場合、装置を除去するときに、どうしても歯の表面のエナメル質に部分に小さな傷をつけてしまうことがあります。
裏側矯正の場合、装置を歯の裏側につけますので、大事な歯の表側のエナメル質を傷つけることはありません。
また、歯の裏側は表側に比べてエナメル質の厚さが3倍ほど厚くなっているため、歯自体への接着のダメージも少なくなります。

デメリット

表側からの矯正よりも違和感が強い

歯の裏側に装置を付けるため、常に舌が装置に触れている状態になり、異物感が生じます。
日常生活では、発音がしにくくなったり食べものが食べにくく感じてしまうことがあります。
一般的には1ヶ月間ぐらいで慣れ、違和感もなくなってきます。当院では使用する装置器具も一般的に使われているものよりも小さなものを使用しているため、比較的違和感は少ないかと思います。

表側矯正に比べて費用が高い

裏側矯正は、一般的に表側矯正に比べて約1.5倍の費用が掛かります。
当院では、患者さまのご負担を減らすため、価格も非常にリーズナブルに設定しております。治療をご検討されている方はまずはお気軽にご相談下さい。

当院では小型の裏側矯正装置を使っています

従来、裏側矯正のデメリットとして、異物感が強く発音しにくかったり食べものが食べにくくかんじてしまうという事が挙げられていました。しかし近年では、新しい装置も次々と開発され、従来の装置の半分ほどの大きさで違和感の少ないタイプのものも使用されるようになりました。

ハーモニーシステム

ハーモニーシステムは、最新のCAD/CAM技術により、患者さま一人ひとりのお口の中の状態に合わせて作製する完全オーダーメイドの裏側矯正装置です。
患者さまの歯の形にピッタリと合った形態に加え、ベース厚0.2mmと非常に薄い設計になっていますので、治療中の違和感も抑えられるかと思います。
また、ハーモニーはブラケットとアーチワイヤーの間に生じる摩擦を抑えた装置のため、矯正による歯の痛みが生じにくく、比較的短期間で歯を動かすことができます。ただし、費用は割高です。*費用はご相談下さい。