部分矯正

部分矯正

この様な方に

前歯が少しねじれているので、その部分だけを治したい
部分矯正を、裏側からの矯正で治療してほしい!

当院では、裏側からの部分矯正も可能です。
当院では、部分矯正を行う方の1/3は裏側からの矯正を選択されています。
裏側からの部分矯正は技術的にも難しいため、対応している医院は少ないですが、当院では過去の症例などもご紹介しながら、治療後のイメージについてもお話しすることが可能ですので、治療に不安や疑問のある方は是非お気軽にご相談下さい。

部分矯正のメリット・デメリット

メリット

全体矯正に比べて、
短期間で治療を終えることができる

全体的な矯正の場合、治療期間は平均2年~3年ほどかかるのが一般的ですが、部分矯正の場合は動かす歯が少ないので、半年~1年ほどで終了することがほとんどです。

全体矯正よりも治療費が安くなる

一般的には部分矯正の場合、全体矯正の半分~3分の1ほどの金額で治療を受けることができます。
当院では部分矯正の場合、15万円で行っております。
*保定装置は初回作製無料。裏側は別途オプションです。

全体矯正に比べて
違和感や痛みが少なくて済む

部分矯正の場合、一部の歯にのみ矯正装置を付けるので、その分、全体矯正に比べて違和感や治療中の痛みは抑えられる傾向にあります。
全体矯正に比べて日々の歯磨きもしやすいので、比較的口腔内を清潔に保つことができます。

デメリット

部分矯正では対応できない症例がある

部分矯正の場合、一部の歯しか動かすことができないので、全体的な噛み合わせの調整をすることができません。
また、奥歯を調整できないため、口元が出ているのを治したいといった症例も難しくなります。

〜対応できない症例〜
噛み合わせに問題がある場合
口元のイメージ(顔貌)を変えたい場合

患者さまが「一番優先したいこと」を優先して治療します。

「とりあえず以前からコンプレックスだった歯並びだけを治したい」
「全体矯正をした方がいいのは解るけど、予算も時間もないので前歯だけでも直したい」

当院に部分矯正についてご相談にいらっしゃる方の中にも、このような方は多くいらっしゃいます。

医学的には、もちろん全体矯正を行った方が仕上がりのキレイさや噛み合わせの調整含め、良い結果になることは事実です。とはいえ、患者さまの状況や生活環境から、全体矯正を行うことが難しい方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合、当院では患者さまのご要望になるべく沿うように、できるだけ部分矯正での治療で対応させていただいております。

もちろん、医学的に理想の治療法に関してはご説明させて頂きますが、まずは見た目を整え、歯ブラシもしやすくしてあげることが口腔内の衛生環境の改善にもつながりますし、なによりも患者さまに精神的な健康をご提供できると考えているからです。

部分矯正は対応に限りがある治療法にはなりますが、今までの経験や技術も駆使しながら、できる範囲でできる限りのことをして差し上げたいと思っております。