歯並び全体、特に前歯の歯並びが気になる(20代・女性)

歯が内側に倒れすぎていることにより、口を開けた時に、口腔内に大きな影ができるため、暗い印象がありました。

 

 

 

 

 

歯列を拡大させる装置を使いながら、マルチブラケット装置で歯を並べました。

歯列が横に広がったため、口の中の影が消え、綺麗なスマイルラインが達成されました。

 

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさを変えるような処理は一切おこなっておりません。

年齢 20代女性
目的 歯並び全体、特に前歯の歯並びが気になる
診断名 叢生、狭窄歯列
治療 表側装置
装置名 マルチブラケット 拡大装置
抜歯非抜歯 非抜歯
治療期間 約2年3ヶ月
費用 約530,000~560,000円(税別)と来院時に調節料5,000円(税別)
保定装置は初回作製無料。
リスク・注意 治療中は、より虫歯と歯肉炎に 気をつける必要があります。歯の根の長さが短くなる(歯根の吸収)ことがあります。歯茎がやせること(歯肉退縮)があります。顎骨の形態や歯を支えている骨・歯茎の健康状態・患者様の協力度・治療法の選択(抜歯や非抜歯・インプラント矯正【矯正用アンカースクリュー】の使用)などによって治療の限界が決まります。
特記 治療期間には個人差があります。