メールでのお問い合わせ

044-411-0318


【診療時間】月・水・金 13:00~19:30/土 10:00~17:00/日 10:00~18:00
【休診】火・木・祝日 土曜日は月3~4回、日曜日は月2回診療

土日
診療

裏側矯正

    裏側矯正

    矯正治療をやりたいけれど、装置が見えるのは絶対にイヤ…!
    裏側からの矯正治療を行いたいけれど、費用が高くて治療に踏み切れない…

    このようなお悩みを抱えておいらっしゃる方も多いかと思います。

    当院にも、口コミや紹介、またインターネットで探されて、裏側矯正についてご相談にいらっしゃる患者さまがとても多くいらっしゃいます。

    裏側矯正は、表側の矯正に比べて非常に高度な技術を要する治療。矯正専門の先生の中でも裏側矯正は取り扱っていないと言われてしまうことも多いようです。

    当院では裏側矯正の料金も非常にリーズナブルに設定しているという事もあってか、ご相談にいらっしゃる患者さまの1/3程度が裏側からの矯正治療をご希望されますね。 さまざまな症例を裏側からの矯正で行ってまいりましたので、過去の事例なども見て頂きながらイメージを確認することができます。

    実績豊富ですので、価格だけではなく、技術の面においても安心してご相談いただけているかと思います。


     

    裏側矯正を、もっとリーズナブルな価格で

    裏側矯正

    当院では、矯正治療費をなるべく抑えた、リーズナブルな価格設定にしております。

    首都圏で矯正専門医院として開業されている医院の治療費の目安は、表側からの矯正で70万円~100万円、裏側からの矯正だと100万円~というのが相場ですが、当院では、表側からの矯正で52万円(税別)、裏側矯正でも87.5万円(税別)という価格設定にしております。

    裏側からの矯正であっても一般的な矯正専門医院での表側矯正料金とほぼ同額の治療費で行っておりますので、今まで価格がネックで裏側矯正を諦めていたという方にとってはご相談しやすいのではないかと思います。

    裏側矯正をご検討されている方は、まずは是非、当院までご相談にいらしてください。

    ⇒料金表へ


     

    難しい治療だからこそ、やりがいがある

    裏側矯正

    裏側矯正の費用が一般的に高くなってしまうのは、装置の製作費用が高いだけでなく、その技術習得の難しさにあると言っても良いでしょう。裏側から器具を付ける場合、表側からの矯正に比べて歯のコントロールがとても難しくなってしまうのです。

    例えば、裏側矯正は「反作用」がとても出やすい治療法。通常ワイヤーによる矯正は、動かしたい歯と固定源となる歯同士をワイヤーで結び、互いに引っ張り合う形で歯を動かしていきます。 この時、動かしたい歯だけが動けば都合がいいのですが、固定源の歯にも反作用が加わってしまうため、動かさなくても良い歯まで動いてしまうのです。

    裏側矯正の場合はこの反作用をいかに抑えながら治療するかがとても1つの大きなポイントになります。歯が予期せぬ方向に動きやすいため、それをカバーするためのテクニックを駆使しながら治療を進めていかなければなりません。

    とても難しい治療法ではあるのですが、その分、患者さまからの満足度も高く、とてもやりがいのある治療法と感じています。

    裏側矯正は新しい器具や技術が次々と開発されている比較的新しい治療法ですので、より快適で安全な矯正治療をご提供できるように、日々技術の研磨をしていきたいと思っております。


     

    裏側矯正のメリット・デメリット

    裏側矯正の特徴と言えば、矯正器具が見えないため他人に気づかれることなく矯正治療を行うことができる。という事が広く認知されていることと思います。

    しかし実は、そのほかにもさまざまなメリット・デメリットがございます。 裏側矯正を検討されている方は、是非参考にしていただければと思います。

    メリット

    他人に気づかれずに矯正をすることも可能

    裏側矯正

    裏側から矯正器具を取り付けるため、他人からは矯正器具がまったく見えません。

    お食事の時も、表側の矯正の場合はカレーやカボチャ、コーヒーや赤ワインといった着色性の強いものを飲食すると装置にも色がついてしまったりして気になる!という方は多いようですが、裏側矯正の場合は装置が見えないため、着色を気にせずに好きなものを食べることができます。

    また、表側からの矯正の場合は、友人や恋人・職場の方などと一緒に食事をするときに矯正装置に食べ物が挟まっていないか気になってしまうものですが、裏側からの矯正の場合は装置が見えないため、口元を気にすることなく食事の時間を楽しむことができます。


    表側矯正に比べて、比較的虫歯になりにくい

    裏側矯正

    矯正器具を歯に取り付けると、その器具周辺の部分が磨きにくくなることで汚れが溜まりやすくなり、虫歯になるリスクもどうしても増えてしまいます。

    裏側に装置を付ける場合、自分の目で確認しながらブラッシングすることが難しいく一見虫歯になりやすそうに感じますが、実は歯の裏側は常に唾液で満たされている状態のため、虫歯になりにくい環境が整っていると考えられています。

    とはいえ、歯磨きをおろそかにしても良いという事ではありません。装置を付けていな時に比べて虫歯になりやすくなっていることは事実ですので、治療中は特にしっかりとメンテナンスを受けるようにしましょう。


    歯の表面(エナメル質)へのダメージが少ない

    裏側矯正

    歯に装置を付けて治療を行うブラケット矯正の場合、装置を除去するときに、どうしても歯の表面のエナメル質に部分に小さな傷をつけてしまうことがあります。

    裏側矯正の場合、装置を歯の裏側につけますので、大事な歯の表側のエナメル質を傷つけることはありません。

    また、歯の裏側は表側に比べてエナメル質の厚さが3倍ほど厚くなっているため、歯自体への接着のダメージも少なくなります。


     

    デメリット

    表側からの矯正よりも違和感が強い

    裏側矯正

    歯の裏側に装置を付けるため、常に舌が装置に触れている状態になり、異物感が生じます。

    日常生活では、発音がしにくくなったり食べものが食べにくく感じてしまうことがあります。

    一般的には1ヶ月間ぐらいで慣れ、違和感もなくなってきます。当院では使用する装置器具も一般的に使われているものよりも小さなものを使用しているため、比較的違和感は少ないかと思います。


    表側矯正に比べて費用が高い

    裏側矯正

    裏側矯正は、一般的に表側矯正に比べて約1.5倍の費用が掛かります。

    裏側矯正の価格に関しては、技術的な難しさや治療にかける手間などを考えたら妥当な金額と言えますが、とはいえ、治療を検討されている方にとってはこの価格のハードルはとても高いのではないでしょうか?

    当院では、患者さまのご負担を減らすため、価格も非常にリーズナブルに設定しております。治療をご検討されている方はまずはお気軽にご相談下さい。


    当院で扱っている矯正装置(STbブラケット、FLBブラケット、ハーモニーシステム)

    従来、裏側矯正のデメリットとして、異物感が強く発音しにくかったり食べものが食べにくくかんじてしまうという事が挙げられていました。しかし近年では、新しい装置も次々と開発され、従来の装置の半分ほどの大きさで違和感の少ないタイプのものも使用されるようになりました。

    当院でも主に、下記の3つの装置を症例によって使い分けています。


    STbブラケット

    STbブラケットは、イタリアの矯正医:Dr.スクッゾと、日本の矯正医:竹元京人先生により共同開発された装置です。
    装置のサイズが従来よりも薄くて小さいため、今まで問題となっていた、話しづらい、食べにくいなどの障害が大幅に軽減されました。


    FLBブラケット

    日本の矯正医:深沢先生により開発された装置です。
    大きさや薄さなどはSTbブラケットとそれほど変わりませんが、より丸みがあり違和感が軽減しています。使い方が多少異なりますので、症例によって使い分けています。


    ~STb・FLBブラケット装置の特徴~
    • 装置のサイズが従来の装置の約半分のため、異物感が少ない
    • 装置のデザインに丸みがあるため、汚れや歯石がたまりにくい
    • 従来の装置よりも持続的に弱い力をかけることが可能なため、効率よく歯の移動が行え、治療期間も短縮できる

     

    ハーモニーシステム

    裏側矯正

    ハーモニーシステムは、最新のCAD/CAM技術により、患者さま一人ひとりのお口の中の状態に合わせて作製する完全オーダーメイドの裏側矯正装置です。

    患者さまの歯の形にピッタリと合った形態に加え、ベース厚0.2mmと非常に薄い設計になっていますので、治療中の違和感も抑えられるかと思います。

    また、ハーモニーはセルフライゲーションシステムが組み込まれている装置のため、矯正による歯の痛みが生じにくく、比較的短期間で歯を動かすことができます。ただし、費用は割高です。


    セルフライゲーション・ブラケットとは?

    セルフライゲーション・ブラケットとは、ブラケットとアーチワイヤーの間に生じる摩擦を抑えた、新しいタイプのブラケットです。

    従来のブラケットは、ゴムや細いワイヤーを用いてアーチワイヤーをブラケットに縛り付けていたため(結紮といいます。)摩擦が生じやすく、その摩擦が痛みの原因にもなっていました。

    しかし、セルフライゲーションブラケットの場合、ブラケット自体にワイヤーを留める構造が組み込まれているため、結紮の必要がなく、摩擦も最小限に抑えることができるようになりました。

    摩擦が少ないと、その分痛みを抑えることができるのはもちろん、効率的に歯を動かすこともできるため、比較的短い期間で治療を終えることができる傾向があります。

まずはお気軽にご相談下さい。

オリーブ矯正歯科は、13路線利用可でアクセス抜群です。


TOP