メールでのお問い合わせ

044-411-0318


【診療時間】月・水・金 13:00~19:30/土 10:00~17:00/日 10:00~18:00
【休診】火・木・祝日 土曜日は月3~4回、日曜日は月2回診療

土日
診療

子どもの矯正

    子どもの矯正

    「子どもの永久歯が曲がって生えてきてしまった。。」
    「3歳児検診で不正咬合を指摘されたけど、大丈夫かしら?」

    当院にも、多くの親御さんがお子さまの歯並びを心配され、矯正治療のご相談にいらっしゃいます。

    親にとってお子様の身体の事に関しては、ご自身の身体以上に気を遣ってしまうもの。私も子供をもつ親として、その気持ちはとてもよくわかります

    子どものうちに矯正治療を受け、審美的・機能的に優れた口腔内環境を作り上げることは、お子さまの今後の人生にとって、きっと大きなプラスとなることでしょう。 ですがその反面、選択する治療方針によっては、小学生から高校生まで、ずっと矯正装置を付けていなければいけなかったり、そのためにやりたいことができなくなってしまうこともあります。

    多感で活動的な子供時代だからこそ、なるべく多くの経験をさせてあげたい。そのためにも当院では、極力無駄を省いた、効率的な治療をご提案させていただいております。


     

    お子さまの矯正は、開始時期の見極めが肝心

    子どもの矯正

    小児矯正においてとても重要なことは、いつ治療を開始するか?ということ。

    親御さんの中には「治療を始めるのは早ければ早いほうが良い」と思っていらっしゃる方も多いようですが、当院では、お子さまの歯並びや咬み合わせの状態によっては、今はまだ治療をしない方が良いです、とお伝えする場合も多々あります。

    例えば、上顎と下顎の不調和が原因で起こる不正咬合(出っ歯や受け口)の場合、早い段階から治療を行うことで上下の顎の成長のバランスを是正しやすいため、当院でも早期治療をおススメしています。

    しかし反面、上下の顎の不調和はなく、歯の大きさが、歯が並ぶスペースである顎の大きさに比べて大きすぎるためにおこる不正咬合(叢生・八重歯)の場合は、たとえ早期治療を行ったとしても、将来抜歯して歯を並べ直さなけてばいけなくなる可能性が高いため、ほとんどの場合、永久歯が生え揃ってからの矯正治療をおススメしております。

    もちろん、例外もありますので詳しくは検査が必要ですが、やみくもに早く治療を開始するのではなく、症例を見極めて適切な時期に治療を始めることで、最低限の労力と費用で治療を済ませることができると考えています。


     

    当院での床矯正治療について

    最近、「床矯正をやって欲しい」というはっきりとした装置名を指定して、ご相談に来院される親御さんがとても増えています。

    床矯正をご希望される理由を聞くと、「子どものうちに顎を広げる治療をすれば将来歯を抜かなくても良くなると聞いたから」とおっしゃる方がほとんど。子どものうちに顎広げておくと、永久歯も自然とキレイに並んで生えてくると思っていらっしゃる方が多いようです。

    歯並びが悪いという事は、歯の大きさと骨の大きさが合っていないという事。ですから子供の内に骨を広げて歯の大きさに合わせておくというやり方は一見すると理に適っております。

    ですが、だからと言って顎を無限に広げられるというわけではありませんし、仮に広げたところで、その広げたスペースにピッタリと合う歯が生えてくるとは限りません。仮に後で予想よりも小粒の歯が生えてきた場合、広げすぎてしまった顎や歯列弓を元に戻すには、その何倍もの時間とお金がかかるのです。

    床矯正装置による歯列弓の拡大には、医学的に「どこまでなら広げても良い」といった明確な基準がないのが現状ですが、近年、過去の矯正治療を振り返って、どのような骨の形に行うとメリットが大きいか、あるいは効果が高いかといった研究・総括が徐々にまとまりつつあります。

    当院も、そういった過去のさまざまな研究データや治療実績から一定の基準を設け、不正咬合の程度がその基準以上であれば、無理やり顎を広げるのではなく、将来的に抜歯による矯正治療を行うことを推奨しております。

    床矯正装置に限ったことではありませんが、大切なのは、どの装置を使うかではなく、その装置をどう使うか。
    将来予測をたて、メリットデメリットについてもご家族としっかり共有したうえで、適切なケースにのみ使用することが大切であると考えています。


     

    早期治療のメリット・デメリット

    子どもの矯正

    子どものうちに矯正治療を始めることのメリットは、お子さまの成長期の骨の特性を生かして治療を進めることができるという点です。

    将来的に再度矯正治療を行わなければいけないような場合であっても、子どものうちに矯正治療を行っておくことで、将来行わなければいけない治療の量を減らすことができますので、そういった意味でも早期治療を行うメリットはあると言えるでしょう。

    一方、早期治療のデメリットは、お子さまによっては装置を付けることがストレスになってしまい、治療を続けることが難しくなるケースもあるということ。

    小学生時に矯正治療を行っても、歯がすべて生え揃い、顎が成長するにつれて歯並びや噛み合わせが変化する可能性があるため、結果的に患者さまが装置を付けている期間が長くなり、途中で「治療が嫌になってしまう」ケースもあるのです。

    当院では、上記の旨を事前に十分ご説明の上、お子様のご性格やライフスタイルをご両親と相談しながら、治療方針や使用する装置を決定するようにしております。

    違和感の強い装置を使うのが苦手なお子さまには、なるべく使いやすい装置での治療をご提案したり、あまりに活動的なお子様の場合には早期治療そのものを見合わせる、といった判断もしております。

    お子さまのご性格や親御さんのご希望に応じて、小児矯正治療のメリットを引き出すようにご提案しています。


     

    小児矯正は治療費50,000円~。装置ごとの料金設定なので費用の無駄がありません。

    子どもの矯正

    「ウチの子、ちゃんと最後まで治療できるかしら…?」
    「矯正治療させたいけれど、装置を付けれるかどうか心配…」

    育ち盛りの元気なお子さまの親御さんであれば、きっとこんな心配もされるでしょう。

    何十万も払って矯正をはじめたけど、子どもが装置を付けずに途中で終わってしまったので結局お金が無駄になってしまった、なんていう話も聞きますので、料金面で躊躇している方も多いのではないかと思います。

    当院では、小児矯正治療の治療費は一律設定ではなく、装置ごとの段階設定方式を採っておりますので、万が一治療を中断したとしても、行った治療以上の費用が掛かることはありません。

    また、装置代金も50,000円~とリーズナブルに設定しておりますので、お試しいただきやすいのではと思います。

    小児矯正の場合、通常は、いくつかの装置の使用を経て治療終了となるのですが、症状の軽いお子様の場合、一つの装置で治療終了してしまうことも多いですね。

    「治したい部分を必要な分だけ治療できる」という事も、当院の小児矯正治療の強みかもしれません。

まずはお気軽にご相談下さい。

オリーブ矯正歯科は、13路線利用可でアクセス抜群です。


TOP