再治療を希望されたケースをご紹介します。
再治療といってもすぐにではなく、15年後に・・・というケースです。


 

 

 

左の写真は、装置装着前。右の写真は、裏側に装置を装着後。ほとんど目立ちません。

20歳の時に他院で全顎歯列矯正をされました。治療後終了後15年経過。
リテーナーの使用が疎かだったために、前歯のズレが目立つようになり再治療を行いました。
再治療といっても、一度綺麗に治されているので全顎矯正ではなく、部分的なもので済みます。

また、裏側(リンガル)から治療したため、ほとんど目立たず矯正治療をおこなうことができ、患者様自身、元の綺麗な歯並びの状態に戻り大変満足して治療を終えられました。