上顎の前歯を気にして来院されました。

上の顎の位置は下の顎よりもかなり前に出ていて、尚かつ、下の歯並びは割とキレイですが、上の歯並びが悪いため、上顎の4番目の歯(第一小臼歯)を2本、上顎の親知らずを2本抜くことになりました。

出っ歯を完全に治しただけではなく、抜いた歯は銀色の詰め物をした治療している歯だったため、結果として虫歯の本数も減らすことにもつながり、患者様にはとても満足して頂きました。


 

 

 

また、この患者様は、治療中に妊娠・出産で通院できなかった時期もあり、治療期間は約5年を要しました。妊娠中でも、ご本人の希望により治療を継続することが可能です。

治療が終わってからもリテーナーをしっかり使用しており、歯並びは安定し、綺麗な状態を保てています。